【最新86人目】宮城県加美町コロナ40代男性の感染経路は?病院は?

新型コロナウィルスの猛威が

収まらず、

日本国中で不安な日々を
過ごしているかと思います。

 

4月27日に

宮城県加美町(かみまち)在住
会社員40代男性

コロナ感染が新たに発表されました。

この宮城県での新型コロナウィルスの
感染者が入院している病院や
感染ルート、
宮城県で
「新型コロナにかかったかも!?」

と思ったときの行動について、
まとめていきたいと思います。

 

 

 

スポンサードリンク
 

 

 

宮城県で86人目:新型コロナウイルス感染者

4月27日に

宮城県加美町(かみまち)在住
会社員40代男性

コロナ感染が新たに発表されました。

宮城県内での感染確認は86人目です。

宮城県は4月27日夜、新たに加美町に住む40代男性の
新型コロナウイルス感染が確認されたと発表しました。
これで宮城県内で感染が確認されたのは、86人となりました。

新たに感染が確認されたのは、加美町に住む40代の会社員の男性です。

宮城県によりますと、男性は4月17日に感染が確認された、
加美町の40代女性の濃厚接触者だということです。

男性は、4月23日に38.0℃の発熱、下痢、倦怠感の症状が出て、
24日に一旦、熱は下がりましたが、25日に再び発熱したほか、
味覚異常の症状が出たということです。

26日に県内の感染症指定医療機関に入院し、検査の結果、
27日に「陽性」と判明し、感染が確認されました。

重篤な状態ではないということです。

男性は4月17日以降、外出しておらず、
県は同居家族以外に濃厚接触者はいないとしています。

宮城県内で感染が確認されたのは、すでに退院し、
療養解除となった40人を含め、累計で86人となりました。

 

 

 

スポンサードリンク
 

 

宮城県コロナウイルス患者の病院はどこ?

新型コロナウイルスは、
指定感染症に指定されているため

受け入れができる病院も
ある程度限られています。

コロナウイルスの指定感染症
受け入れ先は、

『特定感染症指定医療機関』
『第一種感染症指定医療機関』
『第二種感染症指定医療機関』

です。

 

宮城県は、
『特定感染症指定医療機関』が
無いので、

『第一種感染症指定医療機関』
『第二種感染症指定医療機関』は

こちらになります。

※現在は病床数の関係等で
患者受け入れは下記の医療機関には限りません。

 

 

第一種感染症指定医療機関

・東北大学病院(2床)

 

第二種感染症指定医療機関

・公立刈田綜合病院 (4床)
・仙台市立病院(8床)
・大崎市民病院(6床)
・石巻赤十字病院(4床)
・気仙沼市立病院(4床)
・栗原市立栗原中央病院(1床)
・医療法人宏人会木町病院(1床)
・独立行政法人地域医療機能推進機構
仙台病院(2床)
・公益財団法人宮城厚生協会
長町病院(1床)
・光ヶ丘スペルマン病院(1床)
・医療法人徳洲会
仙台徳洲会病院(1床)
・公益財団法人宮城厚生協会
坂総合病院(1床)
・登米市立登米市民病院(2床)

 

 

 

 

 

新型コロナ感染者の在住地:宮城県加美郡加美町

 

 

 

スポンサードリンク
 

 

 

宮城県で新型コロナに感染したかも!?と思った場合の連絡先

新型コロナウイルスに感染したかも!?

と思った場合の連絡先は、

医療機関を受診する前に
下記へご連絡ください。

 

(症状の目安)

・風邪の症状や37.5℃以上の発熱が4日以上続いている。
(解熱剤を飲み続けなければいけない時を含みます。)
・強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある。
・高齢者
・糖尿病、心不全、呼吸器疾患の基礎疾患のある方や透析を受けている方
・免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている方
※妊婦の方については、念のため、重症化しやすい方と同様に、早めに御相談ください。
※小児については、現時点で重症化しやすいとの報告はないことから、目安どおりの対応をお願いします。

※なお、以上の方は重症化しやすいため、この状態が2日程度続く場合には、帰国者・接触者相談センターに御相談ください。

 

※以下、宮城県公式ホームページより
引用させて頂いております。

 

 

 

 

スポンサードリンク